意外と危険な銀行カードローンの滞納

消費者金融でキャッシングをしている人は、何故か滞納したがる傾向が多い気がします。消費者金融業者を解説するページを見ても、熱心に遅延弁済金がもらえるから何日までの滞納は大丈夫だといった説明を熱弁している人を見かけます。

消費者金融も滞納はダメでしょうが、銀行カードローンで滞納した場合、契約情報のどうなっているか解説します。

1.銀行カードローンの契約

銀行カードローンの契約書・規定をじっくり読んでいる人は少ないのではないでしょうか。銀行カードローン契約書には、噛み砕いてポイントを説明すると、

①契約期間は5年間(1年のところもあり)
②5年経てば全返済か5年延長
③全返済出来ない場合は保証会社の代位弁済
④支払日通りに返済がなければ、その時点で全返済
⑤借り手に保証会社又は銀行が気に入らない『相当な理由』が発生すれば全返済

と書かれています。

2.返済日に返済しない事

返済日に返済しない事は前項の④に該当しますので、契約書上は契約打ち切り→全返済→保証会社に代位弁済→ブラックリストに載るといった手続きをとられても文句は言えない契約になっています。何日まで大丈夫という根拠は契約書上はありません。

3.ドミノ倒しで全返済を求められ、破産

銀行やキャッシング業者は増額や更新のさいにあなたの信用状態を再審査しています。再審査の結果、ブラックリストに載っているあなたは、前々項の⑤で触れた『相当な理由』に該当し、他の借入先からも全返済を求められる事が考えられます。

全ての借入金を返す事が出来ないので借りているのに、全返済なんてできるわけがありません。 向かうべきところは自己破産でしょう。

いかがでしたか。この様に、銀行カードローンの延滞は非常に大きなリスクを伴います。

延滞→保証会社への代位弁済手続きは大体2ヶ月延滞が続いてからが一般的に多い銀行の対応とされていますが、小規模延滞を繰り返していた人の中には1ヶ月経たず代位弁済の手続きに移られたという話も聞きます。

安易な延滞は破産につながりますので、絶対にしない様にしましょうね。

このページの先頭へ