キャッシングの種類

一口にキャッシングといっても、いくつかの種類があります。 自分の場合はどれを選べば良いのか分からないという方のために、キャッシングの種類についてご紹介しましょう。

まず、一般的なキャッシングと言われるのが個人を対象にしているものです。 限度額は10万円から100万円前後とそれほど高額ではないのですが、融資までのスピードが速く、ATMなどでもキャッシングが可能になっています。

個人を対象にしたキャッシングで50万円以上の借り入れをする際には、収入を証明する書類を用意しなければなりません。 保証人や不動産といった担保は必要ありませんが、金利が高めに設定されているので計画的に利用していきましょう。

次に、個人事業主や法人を対象にしたローンもあります。 こちらも通常のキャッシングとほとんど変わりないのですが、キャッシングではなくローンという言葉が使われることが多いです。

個人を対象にしたキャッシングとの大きな違いともいえるのが、限度額が高めに設定されているということです。 100万円以上が一般的で、上限は数千万円となっています。

ただ、個人を対象にしたキャッシングとは違い、連帯保証人が必要だったり、担保を設定しなければならないものもあるため、気軽に利用できるキャッシングとは言えません。

今は多くの業者が、個人事業主や法人を対象にしたローンを行っているため、サービスを提供している業者を探すこと自体は難しくないのですが、よく比較した上でどこと契約するか考えていきましょう。

次に、借入先による違いについてですが、キャッシングは消費者金融のほか、銀行やクレジットカードからも利用できます。 銀行の場合、消費者金融からのキャッシングに比べると限度額が高めに設定されており、金利も安いのが一般的です。

消費者金融は10万円から50万円程度の融資が受けられるもので、金利は高めに設定されています。 ただ、保証人や不動産などの担保が要求されないので、比較的検討しやすいといえるでしょう。

このように、キャッシングにも様々な違いがあるのでよく比較して自分に最適なものを選ぶことが大切です。

このページの先頭へ