夜勤専従看護師

看護師求人サイトを使って、うつ病になる前に転職を

近頃では職業に関係なく「うつ病」に悩む人達が増加してきています。看護師でも決して例外ではないのです。ここでは、うつ病になる前に考えたい看護師の転職についてお話しましょう。

最近の医療機関では、ある意味で接客業という側面も考えられてきています。ですから通常の看護業務だけでも激務ですのに、さらにストレスになっているのです。そして職場の人間関係も精神的に影響があるのです。

当然ですが医療事故を起こすわけにはいきません。日頃の医療現場は決して生やさしい仕事場とは言えないのです。それは人の命を預かる職業ですからいたしかたないという意見もあるでしょう。

しかし、現実に仕事をしている看護師達は人間なのです。ロボットではなく生身の人間なのですね。現場の仕事だけではありません。看護の研究や勉強会もキチンとこなさなければなりません。

肉体的にも精神的にも大きなストレスになるのは間違いないです。そういった境遇に耐えきれなくなって離脱していく看護師転職は決して少なくはありません。単に仕事が厳しいからとか人間関係に嫌気がさして退職するケースはまだましです。

困るのは、うつ病など精神的な疾患に陥る場合です。こういった状況になると日頃の暮らしにも多大な影響がでてきます。取り返しがつかないことになってしまうのです。

シフト勤務や給料の面での待遇改善を希望するならば、転職すれば良いのです。詳しくは、看護師の転職、夜勤なしの求人先は?をご覧ください。けれどもうつ病などの精神的なダメージがある場合は、離職すれば改善するとは限りません。次に復職する場合でも、以前の経験がトラウマになってしまうことも多いのです。

看護師として成功の鍵は健康でいること?

そうなると、看護師の資格や経験、医療への熱い思いや患者様へのケアが できなくなってしまうのです。 最悪の状態になるまで、その仕事場で耐え抜く必要はあるのでしょうか? もっと自分自身を大切にすることの方を優先して欲しいと思います。

心身ともに健康であってこそ、看護師としての能力が発揮できるのではないでしょうか? そうでなければ患者様のケアはできませんし、あなたの笑顔で癒すことなど不可能です。現在の仕事に悩みがあるならば、うつ病になる前に転職をしましょう。 あなたの一生を台無しにすることはないのです。

長崎県看護協会

看護師の様々な復職支援制度について

看護師の方の中には結婚などのタイミングで休職し、ブランクがある看護師の方も多いです。こうした看護師の方の中には再度復職して看護師としてまた仕事をしていきたいと考えている方もいますが、結婚前のようにハードに仕事をこなす事は家庭との両立もあり難しいという方も多いです。

こうした復職を検討している看護師の方のために、最近では病院側も支援制度を整える病院も増えており、復職しやすくなってきています。

看護師業界は慢性的な人手不足になっているというのはよく話題に上る事です。看護師の方は結婚や出産で途中で退職する方が多いため、長く勤めてくれる方が少なめの傾向にあります。それに加えて病院特有のハードな職場環境もあり、これを理由に途中で退職する方もいます。

こうした人手不足の状況を改善するために、病院側が復職をしたい方には制度を整えてでもぜひ来て欲しいと考えているのです。比較的仕事をしやすい環境で復職できるため、検討している方にはチャンスと言えます。

整えられている制度としては、まずは時間外労働の免除があります。残業なども付きものの看護師の仕事ですが、家庭や育児などとの両立がある方は残業が免除されるようになっています。

また、短時間勤務の制度もあり、子供の保育園などへの送り迎えをしないといけない場合、その時間に間に合うような形の勤務に配慮してもらえる職場もあります。病院によっては託児所が設けられている所もあり、子供を預けて仕事に集中できる環境が整えられている病院もあります。

夜勤も免除されるケースは多いです。看護師の仕事には夜勤が付きものですが、子供がまだ小さい場合は夜泣きなどの世話などもあるため、配慮されるようになっています。また、働きやすいように時差勤務という時間をずらして仕事ができる制度もあります。

このように様々な制度が整っているため、復職を検討している方はまずは職場に相談すると良いでしょう。あなたに配慮する形で復職を歓迎してくれるケースも多いので、アクションを起こしてみる事が大切です。

看護師の方が求めている研修

看護師は病院で病気の患者さんのサポートを行っていく仕事で、専門的なスキルが必要になる仕事です。そのため仕事をし始めてからも勉強が必要になります。

特に新人看護師の方は大学や専門学校で学んだ事だけではまだまだ足りないものも多いため、院外研修や勉強会などに参加して知識や技術を習得していく事が必要になります。最初のうちは大変ですが、今後のキャリアのためにぜひ頑張って欲しいと思います。看護師の方でも学びたいものは異なりますが、多くの方が学びたいと思っているものもあります。

その一つ目がまずは看護技術です。看護師として患者さんの対応をしていく事は日常的にあり、そうした技術を学ぶ事はすぐに仕事をスムーズに行う事に繋がったり、患者さんにより良い医療を提供する事に繋がります。

基本的な技術の他にも多くの技術があるため、そうした技術をその都度追加で学びたいという看護師の方は多くなっています。看護師全体の約7割がこうした事を学びたいと考えており、需要のある項目です。

次に多いものとして、治療などに関する医学の専門的知識です。医療は近年さらに進歩しており、新しい医療技術や新薬なども日々開発されています。看護師の方はこうした分野の深い部分は必要がない事も多いですが、ある程度の概要的な知識や仕事に直結する事は学ぶ必要があります。

看護師になるための勉強だけでは足りない事も多く、さらに学びたいと考えている看護師の方は多い傾向にあります。こちらも全体の約56%と、多くの方が臨んでいる項目となっています。

また、ITに関する事も学びたいという看護師の方が増えています。看護師の仕事は病院を動き回って患者さんの対応に追われるなど、体力を使う場面も多いですが、資料の作成やデータの管理などパソコンを使っての事務的な仕事もあります。

また、最近は特に便利なIT技術も多く導入されています。こうした事にも対応していく必要がありますが、女性は比較的苦手としている方も多い分野です。こちらも4割弱ほどの方が求めており、今後さらに需要は加速すると見られています。

<サイト内の別の記事>
看護師を辞めるよりも転職を考えてはどうでしょう

看護師の求人倍率とスキルアップ

このページの先頭へ